こそだて英語とは

育児系の本やインターネットでも、「子育て」と「英語」がセットで表記されているものはたくさんあります。

おうちdeえいごでは、「こそだて」をひらがな表記しています。
それは、

 ●子どもを育てる「子育て」
 ●個性を育てる「個育て」

この2つの意味を込めているから。

どういうことか、具体的な説明をしていきますね。

 

🍀「えいご」+【子育て】で【個性も育てる】

日々お子さんに関わっているパパやママは、お子さんについて

  • どんなものが好きなのか
  • 興味をもっているもの(分野)は何か

一番わかっている理解者ではないでしょうか。

 

好きなもの・興味を持っているものについては、集中力が発揮されます。

電車が好きな子が、駅名や電車の種類を、びっくりするほどたくさんスラスラと言う、なんてことはよく聞く話。

そういう好きなものに、パパやママからの「えいご」をプラスしてみましょう!


例えば、走る電車を見て

「電車、速いね~。 The train runs fast!」

電車を見るたび、こう声をかけ続けたとします。

すると、お子さんが強く意識しなくても、trainfast という単語は、自然とお子さんの中に浸透。
そしてある時、お子さんの口からそれらの単語が!

いつ「その時」が来るかは、もちろん個々に違います。
でもいつだとしても、そんな瞬間は成長を感じて嬉しいものです。

* * * *

ただ、子どもの興味の対象は、日々変わることも珍しくはありません。
まだ何が好きなのかもよくわからないことだってありますね。

そんな時も、ちょこっと「えいご」で新しい興味探しをしてみましょう♪

「これ好き?Do you like this?」

食べ物、動き、その他何でも使える万能フレーズ☆

お子さんが笑顔になったら、それは YES! の返事ですね。

 

こんな感じで「えいご」を使って、「個性を育て」ながらの「子育て」が
こそだて英語なんです。

 

🍀子どもは言葉を覚える天才

また、赤ちゃんは生まれた時点では、世界のどんな言葉でも覚えられる脳を持っています。

日本で生まれた赤ちゃんが日本語を覚えて話すようになるのは、ママやパパなど、周りの大人が日本語で話しかけるから。

しゃべれるようになってくると、子どもがママやパパの口癖を真似するなんてことも出てきます。

「モノマネの天才」とも言えますね。

 

ということは。

ママやパパの日常の声かけに「えいご」をプラスし続けると、お子さんの口から「えいご」が出てくる可能性だって、かなり高くなると思いませんか?

 

🍀子どもに使う「言葉」は簡単なものばかり

日本語でのやり取りを思い浮かべてください。
あなたは赤ちゃんや小さなお子さんに、どんな感じの言葉を使いますか?

例えば、日本語を習いたての海外の方にお話しするときだって、
難しい単語は使いませんよね。

相手が子どもでも大人でも、それは同じ。
その言語が英語に変わるだけ。

こそだて英語で使う言葉は、そのほとんどが、簡単な単語の組み合わせで応用していけます。
また、一度覚えれば、毎日のように子ども相手に使えるので、身につきやすいのが特徴です。

だって、わが子にかける言葉って、基本的には毎日同じですから。
言う方も、言われる方も慣れてきます。

慣れてきたら、それは「習慣」になります。

簡単な言葉だからこそ、「習慣」になりやすいのです。

 

🍀「プラスえいご」のいいところ

おうちに「えいごをプラス」すると、こんな効果が。

🌱お子さんとかかわる時間が増えます

PaoPaoがオススメしている「こそだて英語」の使い方は、日本語との併用。

きがえ色々と賛否はありますが、英語が苦手な方にとって、オールイングリッシュでお子さんと接するのは、あまりにもハードルが高すぎます。

うまく言えない・理解してもらえない・理解できないというイライラをお互い抱えても、いいことはありません。

だったら両方使いましょう!


日英どちらでも声をかけることで、お子さんに関わる時間はになります。

 

🌱子育ての楽しみが増えます

親子赤ちゃんの頃は特に、話しかけたりしたときに返ってくる反応を見るのが楽しいもの。

「えいごをプラス」すると、今まで楽しませてくれた反応に

【えいごで遊んだ時の反応】

が加わって、ママやパパの楽しみが増えますね♪

 

🌱自然に「意味ある」英語に親しめます

言葉の学習には、「意味のある言葉」を聴く必要があります。

画面や音声で流れてくる言葉を聴くだけよりも、生身の人から発せられる言葉を聴いた方が、確実に理解につながるもの。

こそだて英語では、毎日の生活に沿った声かけや関わりに「えいごをプラス」するので、毎日実践されると、同じ場面で同じ言葉を聴くという体験をすることになります。

さらに、同じ言葉から同じ動作を見ることにもつながるので、自然と「意味ある」英語に親しめる環境ができあがるわけです!

 

🌱英語を思い出しやすくなります

何気ない日常で「プラスえいご」を続けると、それが「思い出」として蓄積されていきます。

経験に基づいたものは、机上の勉強以上に記憶に残りやすいもの。

日頃から英語に接する機会があれば、英語が勉強になったときも、思い出に紐づいた単語・フレーズは思い出しやすく、記憶にも定着しやすくなります。

「覚える苦労」が少ない分、英語に対するイメージは、前向きなものになると思いませんか?

 

***

親子どういうところにメリットを感じるかは、それぞれのおうち次第。

でも、みなさんに共通することは、

"お子さんと関わる毎日が、もっと楽しいものに感じられる"

ということ♪

そして、そこで一番大事なことは、

お子さんに「教えよう」とするのではなく、一緒に「えいごで楽しむ」こと

だと思います。

 

ーでも、どうやればいいの?

そんな方は、ぜひ一度PaoPaoに遊びに来てみてくださいね♪

お問い合わせリンク

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
♪気になることなど、下記リンクからお気軽にお問い合わせください♪

更新日:

Copyright© おやこえいご♪PaoPao , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.