プロフィール

講師のぱお(なかむらまき)ってどんな人?
そんな疑問にお答えします♪

🍀初めまして!ぱお(なかむらまき)です♪

大阪出身。
結婚で埼玉に移住。

大阪弁をこよなく愛するも、関東の空気に染まりつつあることを実感する日々。

それでもマクドナルドを決して「マック」とは言わないのは、『大阪人』としてのプライドです(笑)

しゃべりながら、脳内で「関東イントネーション」から「関西イントネーション」に変換してしまうのは、いつまでたっても治りません(笑)

【家族】
2006年早生まれの娘&相方と3人暮らし。
義父と約10年の同居経験あり。

【趣味】
♪クラリネット演奏
 高校・大学 吹奏楽部(計7.5年)
 一般バンド(3.5年)
 ママさんブラス川越(2007年~現在)

※レッスンSTARTの合図として使用中♪
(現在は、コロナ禍で実施していないクラスもあります)

♪ゴスペル
 サークル One's Best rels.(2019年~現在)

【保有資格】
◆小学校教諭一種免許状
◆中学校教諭一種免許状(英語)
◆高等学校教諭一種免許状(英語)

こそだて英語講師日本おうちでえいご協会認定)
→2011年7月 おやこえいご♪PaoPaoとして活動START!

◆Jolly Phonics 1 修了
◆Jolly Phonics 2 修了

ギフト式乳幼児教育アドバイザー初級 受講

ゆにから認定 自愛エバンジェリスト

「ぱお」って何?

活動ネームとして使っている「ぱお」。
「どうして ぱお なんですか?」と、よく聞かれます(笑)

これ、高校生のときに友人がつけてくれたニックネームなんです。

本名が「まお」とよく読み間違われる漢字だったため、
友達の間でニックネームをつけようとしたときに、
「まお」だけはやめてほしいと伝えたところ、

「じゃー、、、、ぱお!」

と、友達のひとりが言ったのがきっかけ。

10年たったころ、なぜ「まお」→「ぱお」という連想にいたったのか訊いてみたら

「…さぁ?なんでやろ?」

という回答(爆笑)

まぁ、ミステリアスというのは魅力につながる、ということにしておきましょう(笑)

とにもかくにも、「ぱお」という字体(ひらがな)の丸みや響きが気に入ったので、高校時代から今に至るまで使っています♪

「学校の先生」も少し経験しています

大学卒業後は、私立高校に1年、公立中学で3ヶ月、
英語科の常勤講師として、ごく短期間ながら教育現場を経験しました。

ストレスから体調を崩して入院したりと色々あって、その後は教育から離れ、派遣社員やアルバイトで社会経験を積みます。

🍀我が子には英語を使いたい!

結婚後は、アルバイトを1年ほどした頃に娘を出産。

おむつ子どもが産まれたら、自分にできる範囲で英語を使う日常にしよう
と決めていました。

でもね。
子どもに使う英語って、案外知らないんです。

知らないのも当たり前。
学校で「おむつ」っていう単語なんて習いませんもんね。

なので、ここでも独学です。
辞書で知りたい単語を調べたり、「きらきら星」の歌詞を調べて歌ったり。

そんな感じで娘が就園を迎えました。

通った幼稚園は、英語が少し取り入れられていたところ。
課外活動のクラブでも、園舎内で習うことができました。

親も見ることが出来、娘もそれなりに楽しんでいたのですが・・・。

困る

レッスンの帰り道、
その日やっていた歌を一緒に歌おうと思っても、
ほとんど何もできない自分に気づきます。

  • テキストがないので、歌詞がわからない
  • ネイティブの先生の話もあまりわからない
  • やっていたアクティビティの内容も、すぐに忘れてしまう

とてもいい感じのお教室で気に入ってはいましたが、
そのあたりのことに少しモヤモヤしている自分がいました。

そんな頃、娘も就園したし何か仕事をしようかなと、
求人広告があればあれこれ見ていた私。

ふと、インターネットで「こそだて英語」という言葉に出会います。

色々調べるうちに「私がやりたかったのはこれだ!」とひらめき、
自宅近隣の講師を訪ね歩いて「講師目線」でレッスンを体験。

おうちdeえいご(現在の日本おうちでえいご協会)の門をたたくことになりました。

「遊びが学び」である子ども時代から、
日常的に大好きなママやパパと楽しく英語に触れていると、
後に「勉強」として英語に出会っても、
壁を感じなかったり、
感じてもそれを低くすることができるのではないか。

こう感じて、

日常で「気軽に」「楽しく」
取り入れられる「えいご」

を、レッスンでみなさまにお伝えしています!

🍀「えいご」と「英語」の違い

当サイトでは、

ひらがな表記の「えいご」と、
漢字表記の「英語」、

2種類を使っています。

基本的な使い分けは、以下の通りです。

  • 「えいご」
    レッスンでお伝えしている、おうちで使ってもらいたい英語。
    簡単な言葉が多いことと、気軽に気負わず使ってほしい意味を込めて、
    ひらがな表記をしています。
  • 「英語」
    一般的な言語としての英語。
    教科名など、一般的な使われ方の場合に、漢字を使っています。

更新日:

PAGE TOP

Copyright© おやこえいご♪PaoPao , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.